ポストコロナの時代において、人々の購買行動はデジタルシフトがさらに進んでおり、日用品の購入、セールでの商品購入、クーポン取得などアプリの利用がより盛んになっています。
そうした中で、モバイルが生活の中心になっていることは皆さんもより感じている変化でしょう。
実際、2020年のショッピングアプリの利用時間は、全世界の市場で45%増加しています(App Annie 調べ)。

また、こうした消費行動の変化の背景には、ショッピングやEコマースアプリの台頭はもちろん、越境EC、OMO(デジタルと店舗の融合)、ライブコマース、決済などモバイルを起点とした新しいデジタルソリューションやコミュニケーションも同時に台頭し、トレンドとなっています。

今回のウェビナーでは、全世界、そして日本でのショッピング、Eコマースアプリの最新トレンドとアプリを成功に導くマーケティング戦略についてお話しします。
パネルディスカッションでは、昨今のモバイルを取り巻く環境変化を踏まえ、今後のアプリ集客において求められるポイントを紐解いて行きます。


SHARE