Scan & GoモバイルアプリのCPIが50%減少

課題米ウォールマートが所有する会員制ウェアハウス・クラブSam’s Club (サムズクラブ) は、Liftoffのサービスを使って米国内でのAndroid・iOS向け e-コマースアプリ「Scan & Go」のユーザー獲得キャンペーンを実施しました。2016年にリリースされた「Scan & Go」は、レジでの支払いの代わりにアプリ内で製品をスキャンするだけで購入と支払いを済ませることができるアプリです。キャンペーンの目標は、インストール1回当たり、および購入1回当たりの経費を目標範囲内におさめながら、スマートフォン経由の購入を向上させることでした。

解決策Sam’s Clubの「Scan & Go」のためのユーザー獲得キャンペーンは、アプリ内のユーザーの流れを把握し、Sam’s Clubが希望するCPI・CPA目標に合意するところからはじまりました。「Scan & Go」アプリのユーザーの流れは、インストール>ログイン>チェックアウト>購入であることがわかりました。

次に、モバイル属性追跡プラットフォーム Apsalarを介してすべてのポストバックデータがLiftoffに送られました。ポストバックデータには、インプレッション数、クリック回数、購入数など、e-コマースのモバイルユーザー獲得キャンペーンの効果を評価するのに必要なデータがすべて含まれています。

そして、Liftoffのクリエイティブチームによってバナーやすきま広告、ネイティブ広告などの広告素材のほか、「Scan & Go」アプリでスキャン機能を使う様子を再現したアニメーションバナーが数種類制作されました。この制作過程では様々なアニメーションファイル形式 (GIF、HTML5) やアニメーション速度の試験も行われました。この試験の結果に基づいてすきま広告やネイティブ広告を制作し、さらに試験が行われました。

キャンペーンの公開後、米国内の主要RTB (リアルタイム入札) 取引への入札を開始しました。Liftoffでは、特定のユーザーがインストールから購入に至る可能性に基づいて入札を最適化するマシンラーニングプラットフォーム (ML) を採用しています。

Liftoffとの取引は非常にスムーズに進みました。通常の広告代理店との取引関係というよりは、パートナーシップと呼べる関係に発展したと思います。最近、新しいキャンペーン目標と戦略のアイデアをLiftoffに提示したのですが、Liftoffのチームは、ただ与えられた計画を実行するのではなく、さらに効果的にするためのアイデアを出してくれました。 ドリュー・フロスト Sam’s Clubプロダクトマーケティング部門シニアマネージャー

結果米国内における「Scan & Go」アプリのユーザー獲得キャンペーンはスタートから大きな成功をおさめました。Liftoffの MLプラットフォームを活用して「Scan & Go」アプリのインストールとアプリ内購入をする可能性が最も高いユーザーにターゲットを絞ってキャンペーンを実施し、素晴らしい結果を得ることができました。

ユーザー獲得キャンペーンの成功では広告ビジュアルのA/Bテストが大きな役割を果たしました。多くのバナー試験で2桁の優れたユーザー変換率が得られ、試験では静止画像とアニメーション、非点滅型と点滅型CTAボタンに加え、いくつものコピーテキスト試験が実施されました。

すきま広告やネイティブ広告では、ライフスタイル対製品など、様々な画像を比較する試験も行われました。例えば、スマートフォンでバーコードをスキャンする様子をとらえた静止画像と、同じスマートフォン画像にスキャンされる製品のアニメーションをプラスしたものを比較した試験では、静止画像のCPA が 56%向上するという結果が得られました。

また、Liftoffは今回のキャンペーンを事前に設定されたCPI、CPA、ITA目標内で運営することができました。Sam’s Clubは動的CPI支払いを実行しており、インストール後のKPIを短期間で達成することができました。「Scan & Go」アプリのユーザー獲得キャンペーンの結果は以下の通りです:

  • CPIを45.2%削減
  • CPAを47.4%削減
  • CTIが7.6%向上
  • ITAが3.9%向上

ユーザー獲得キャンペーンの成功を受けてSam’s Club はLiftoffと共にリエンゲージメント・キャンペーンも実施し、こちらでも成功をおさめています。ユーザー獲得とリエンゲージメント広告の併用で事業拡大と目標達成の両方を実現し、モバイル広告の投資効果を最大限にすることに成功しています。

cs-samsclub-logo-2

Sam’s Clubは、大量購入できる製品を割安で提供し、小規模ビジネスオーナーを支援したいというサム・ウォルトンの着想から誕生し、1983年に最初の店舗がオープンしました。以来Sam’s Clubは急速に成長し、今では国内のクラブ数は650か所、海外クラブ数は100か所となり、ウェブサイトSamsClub.comやアプリも運営しています。

  • 1983年設立
  • 本社:アーカンソー州ベントンビル
cs-samsclub-iphone