CPI、CPA、および7日目のROASはIDFAトラフィックと同程度または向上

iOS 14のアップデートに向けてAppleがIDFAの変更を発表している中、PlayrixはLiftoffのキャンペーンを通じてすべてのカジュアルゲームのプロモーションを実施しました。デバイスで追跡型広告制限(LAT)をオンにしているiOSユーザーをターゲットにしたものです。 このキャンペーンの実施目的は2つあります。

  • 「非パーソナライズド」なLATトラフィックへの入札による、CPI、CPA(アプリ内購入)、7日目のROASなどのパフォーマンスへの影響を把握する
  • iOSのLATトラフィックに対する費用支出のポテンシャルを、IDFAのトラフィックと比較検証する

Playrixの追跡型広告制限キャンペーン設定iOS 14のリリースに先立ってLATトラフィックのパフォーマンスを評価するため、LiftoffはまずPlayrixの既存キャンペーンにLATユーザーのセグメントを追加し、このオーディエンスに対する入札を有効化しました。 セットアップ、KPI、広告クリエイティブ、地域、MLモデルなど、キャンペーンのその他の要素はすべて同じものを流用しました。

Liftoffのシステムは元々デバイスIDのみに依存しないよう設計されているため、入札戦略を「デバイスIDを使わずにトラフィックを取得する」よう調整するのは比較的簡単でした。 アトリビューションの観点から、インストール数とインストール後のイベントを正確に追跡できるようMMPの数値を採用しました。

パフォーマンスは当初より右肩上がりにLATのトラフィックはスタート時から良好なパフォーマンスを記録しました。 CPIはそれぞれの主要地域で10%~30%低下。 CPA(アプリ内購入ごとのコスト)は、開始時はIDFAトラフィックと比べて10%高かったものの、最初の数週間で結果的にIDFAトラフィックより5%低い値まで減少。LATトラフィックがIDFAトラフィックを上回る可能性がここで示されました。

7日目のROASはほとんどの場合、IDFAトラフィックと同程度またはそれより上の値を記録しました。

非パーソナライズドなLATトラフィックは急上昇し、Playrixの(Liftoffに対する)iOS支出の50%を占めるまでのスケールアップを遂げました。

Liftoffと連携してLATトラフィックの大規模購入を行ったことでとても心強い結果が得られました。これからも、自信をもってプログラマティックに投資を続けることができます。 iOS 14のリリースにより、長期的なパートナーであるLiftoffとのパートナーシップの意義がさらに増したことは言うまでもありません。Alexander Derkach, (マーケティング責任者)

まとめ

LiftoffのMLプラットフォームの設計が功を奏し、非パーソナライズドなLATユーザーをターゲットとするキャンペーンの設定もスムーズに進みました。標準のIDFAターゲティングキャンペーンを大幅に見直すことなく、セットアップを完了することができたのです。

Liftoff独自のML入札、スマートペーサー、ダイナミック広告など、さまざまなニーズを網羅したLiftoffのクリエイティブ&技術スタックを活用することで、LATトラフィックの買い付けと最適化も極めてスムーズに。そこまでの最適化が可能なLATトラフィックを購入できなかった他社キャンペーンと比べて、Playrixに優れたパフォーマンスを呼び込むことができました。LiftoffのMLはLATインベントリー(配信在庫)をより正確に評価および最適化して、キャンペーンでIDFAトラフィックと同等またはそれを上回るパフォーマンスを実現しました。また、キャンペーンに割り当てられた費用支出の割合から、LATトラフィックのターゲティングがかなりのスケールを秘めていることが分かりました。今後はLATトラフィックのさらなるスケールアップにも注力していきます。 さらに、iOS 14へのアップデート後は、iOSトラフィックの大部分がLATになると予測されます。これを受けて、LiftoffはPlayrix(およびその他のお客様)が、Appleが施行予定のIDFAに関する新しいデータプライバシー規則に適応できるよう入念な準備を進めていく予定です。

Playrix logo

Playrix は2004年に設立されたモバイルゲームの開発企業です。 PC向けカジュアルゲームの開発から徐々に軌道に乗り、数々のゲーム賞を受賞。2011年以降はスマートフォンやタブレット向けの無料ゲームの開発に注力しています。 Homescapes、Gardenscapes、Township、Fishdomなど、自社開発のゲームは、リリース以降常にiOSとGoogle Playの高収益アプリのトップ50にランクインしています。

  • 設立年 2004
  • 本社(HQ) ダブリン(アイルランド)
Playrix Case Study Phone