隠しアイテムでインプレッションからアプリ内課金までのコンバージョン率が900%上昇

課題MyTonaはLitoffと組み、AndroidでのSeekers Notes: Hidden Mysteryのリエンゲージメント、そしてユーザー獲得を促進するキャンペーンに取り組みました。キャンペーンの目標は、過去にアプリ内課金をしたことのあるプレイヤーの課金を増やして全体的なROAS(広告費用対効果)を改善することでした。

ソリューションキャンペーンを開始するにあたり、まずLiftoffはMyTonaのユーザーフローを分析し、アプリ内課金に至るまでのユーザーのエンゲージメントを把握しました。キャンペーンの成功を確実にするためには、ファネルとインストール後のイベントをしっかり把握することが重要です。

次に、MyTonaのクリエイティブとコピーを基に、Liftoffの広告クリエイティブチームは、バナー、ネイティブ、インタースティシャルのそれぞれの広告で多数のABテストを行いました。MyTonaのブランドのガイドラインに沿う範囲で、さまざまなバリエーションのコピーやCTA(行動喚起)ボタン、そしてプレイアブル広告における異なるバリエーションや難易度のゲームプレイなどをテストしました。

リエンゲージメント・キャンペーン成功のカギは、Liftoffのサポートでユーザーフローの特定部分のユーザーをターゲティングできたことです。Seekers Notes: Hidden Mysteryの場合、Liftoffの機械学習(ML)プラットフォームによって、アプリをインストールしたもののアプリ内課金を行っていないまたは1回の課金で終わっているプレイヤーをターゲットに入札を最適化しました。そして、Liftoffは、全ての大手RTB(リアルタイムビディング)アドエクスチェンジに対してあらゆる広告フォーマットでの入札を行いました。

Liftoffは最もパフォーマンスの高いユーザー獲得サポーターの1つです。初めてのリエンゲージメント・キャンペーンをローンチするにあたり、安心してLiftoffのチームと組むことができました。Liftoffと組んで行ったリエンゲージメント・キャンペーンは成功を収めました。これからも引き続きパートナーシップを強化していく方針ですMyTona、マーケティング・グロース・マネジャー、Elena Vinokurova氏

成果キャンペーンでは、最善の結果を出すために多数のテストを行いました。まずは、課金のリピーターになりそうなユーザーのリターゲティングから始めました。こうしたユーザーのリターゲティングに成功した後は、テスト結果に基づいてほかのセグメントにも拡大しました。特に、ゲームで一定のレベルに達したものの先に進んでいないユーザーへのリターゲティングを行いました。

このほか、課金に至る前に脱落するユーザーが多いファネルのポイントを特定するため、ゲームのレベル以外の部分でユーザーが発するシグナルも検証しました。まずは米国でテストして課金を促す上で良い結果が出れば、同じ戦略をほかの地域にも拡大しました。

クリエイティブのテストを続けるだけで、CTR(クリックスルー率)が183%上昇し、アプリ内課金は5%増加しました。アプリの独自のゲームプレイに基づいたテストは極めて良い結果につながり、ユーザーの注意を引くことを意識してゲームプレイに軸足を置いた関わりを維持することの重要さが裏付けられました。

このほか、MyTonaのリエンゲージメント・キャンペーンでは次のような成果が得られました。

  • アプリ内課金が569%増加
  • インプレッションからアプリ内課金までのコンバージョン率が900%上昇
  • CPA(顧客獲得単価)が90%低下

戦略の成果を確認してから、LiftoffはSeekers Notes: Hidden Mysteryのユーザーのリエンゲージメントを全てのファネルにおいて、それぞれのセグメントに合わせてカスタマイズして実施しました。良好な成果が出たことで、広告予算を最大活用することができました。

cs-mytona-logo

MyTonaは無料プレイのモバイルゲームデベロッパーで、シベリアで双子の兄弟が創業しました。Cooking DiaryやRavenhill、そして隠しアイテムのパズルで成功を収めたSeekers Notesなどを開発しています。

  • 2012年創業
  • ロシア、ヤクーツク
cs-mytona-phone