レポート

James Haslam by James Haslam | 5月 25, 2021

カジュアルゲームは、シンプルで直感的なゲームプレイを特徴とし、あらゆる年齢層のプレイヤーが楽しめるジャンルです。昨年のゲームの成長をけん引した主要因となりました。こうした傾向により、普段あまりゲームをしない人がゲーマーへと変化しました。一方で、マネタイズへの道はより長期的になり新たな紆余曲折を経ることになるでしょう。

本レポートでは、コスト、コンバージョン、ROAS を中心に、競争が激化する市場で勝つための重要なデータ、また、iOS/Android の両プラットフォームを分類し、主要地域、国、季節別の傾向をインサイトと共に解説しています。詳細はレポートをダウンロードしてご覧ください。

今すぐダウンロード

カジュアルゲーム市場考察

本レポートではカジュアルゲームがこの1年で飛躍的に競争市場で成長した背景を解説しています。

  • モバイルゲームに費やされた時間は2960億時間となり、前年の2220時間と比べて35%増加しました。また、2021年にはモバイルゲームの消費支出が1200億ドルを超える見込みです。他のゲームプラットフォームと比較して、市場の1.5倍のシェアを獲得しています。(App Annie)
  • 2020年は、カジュアルゲームの中でもシングルプレイのゲームが人気のあるジャンルでした。次いで、マルチプレイのゲーム、ファーストパーソンシューティングゲーム(FPS)が人気を博しています。(ライムライト・ネットワークス)
  • インドでは、Z世代でカジュアルゲームのタイトルは最も人気があり、アーケードゲーム、カードゲームが続きます。
  • X世代では逆の傾向で、アーケードゲームが最も人気があるゲームジャンルで、ボードゲーム、カジュアルゲームが続きます。(InMobi)
  • 2016年のPokémon Goの爆発的なヒットの後に伸び悩んだARベースのカジュアルゲームは、2021年には追い風を受けることになるでしょう。5Gとクラウドゲーミングの台頭により、「より速く、よりスムーズな」ゲームプレイが可能になり、2025年には世界のARゲーミング市場が1,611億ドルに達することが見込まれます。(Arm)